視聴者の見たいもの

マーケティング調査

今は多くの女性が自らアダルト会社に足を運んでくれる時代であり、アイドルよりも可愛い女性が出演しくれる時代ですから運営会社はウハウハなのか?といったら決してそうではないということを理解したほうがいいと思います。

インターネットが誕生したことで生じるのが個人レベルでの運営会社の誕生して多くの会社が今まで以上に乱立したことです。まだまだこの業界は儲かることはわかります。

一人のスター的女性が生まれたら経済効果も爆発的に生まれるといっていいでしょう。そうなったら会社としたら一気に収益がアップするのですから当然そういったところを目指そうとするところは多いでしょう。

インターネットでの商売がメインとなったアダルト業界において個人会社という恐怖に感じます。ですから運営会社もただ胡坐をかいているわけではなくてちゃんとした企業努力を常に心がけているわけです。

その代表的なものとして利用者の考えというのをしっかりと作品づくりに生かしているわけです。今はどんどん新しい女性が誕生していますし、いつでもどこでもアダルト動画を見ることができてしまうのです。

そうなってくると利用者というのは大体同じような設定とかに飽きてきてしましますのでどんどん新しい意欲的な作品が出てきたり、一見するとこれって興奮するのか?って思ってしまうかのような作品も多いですよね。

絶対に誰もがみて興奮するものではないとわかっていながらもごく一部のコアなファンがついてシリーズ化することで収益に繋げようと考えているのかもしれませんね。

アイドル並みに可愛い子はベタな作品でも売れます。しかし、それだけではほかの会社でもできてしまいますので他との差別化とかを企業努力でしていくことで良質な作品が生まれてくるのです。

ページのトップへ戻る