オンラインカジノは違法?それとも合法?

オンラインカジノは違法なの?合法なの?

インターネットでも多くの人が検索をしていますし、利用する前に不安になっている人も多いのは事実です。

ですからまずは最初に結論から言います。

オンラインカジノは合法です。

よくグレーゾーンとか法の抜け道とかという表現をしますが、そもそもそういったものではありません。誤った表現をしていると当サイトでは考えています。

また、もしそういった表現を言うのであれば、グレーゾーンではなくて限りなく白に近いオフホワイトという表現が正しいと思います。

というのもしっかりとルールに則ってインターネット上の法律を守っているためです。

ではなぜ違法なのか?合法なのか?という表現がされるのかといったことや過去に逮捕者が出た事件の真相についてしっかりと説明をここではしていきたいと思います。

何度も言いますが、合法です。

それをまず理解した上で紹介します。

オンラインカジノはライセンス制度

オンラインカジノはライセンス制度を設けており、そもそもしっかりとした会社かどうか見極めた上で運営されています。

日本ではあまり有名ではない企業でも世界的大企業や上場企業が運営しているところもあります。

それこそ銀行や官公庁よりも信頼がおける会社もあると言われているほどで、日本ではオンラインカジノの知名度は低いかもしれませんが、ライセンスの難易度を取得している企業は世界的にはとても有名な信頼できる会社なのです。

怪しい会社が運営をしているということは基本的にはないと思ってもらって大丈夫です。

運営もとの国の法律が適用される

オンラインカジノが違法かどうかですが、国内でオンラインカジノを利用していても問題ありません。

インターネットの法律と言うのは必ず運営している国のルールが適用されます。そのためカジノの運営を許可している国や領・島などで運営をしてそれを日本でも利用できるようにサービスをしている分には何の問題もないのです。

この法律は例えば日本ではカジノで賭け事をしていたら違反となりますが、海外のカジノ場で利用していたとしても何の問題もありませんよね。

それと同じです。日本国内でオンラインカジノを利用しても法律上何の問題もありません。

海外の法律が適用されるから日本の法律が当てはまらないと言うことでグレーゾーンという言い方をしますが、そもそも法律がそう定められているのでグレーゾーンという言い方自体も違和感があります。

まずインターネットの法律が定められている以上は問題ないのです。

過去に逮捕者が出た事件の真相

オンラインカジノは合法ですが、過去に逮捕者が出たのも事実です。

その真相は2つのパターンがあるので説明をします。

日本で実質的に運営をしていた

まず最初に逮捕された事件は運営元が日本で運営をしていて逮捕された事件です。

これは駄目ですよね。誰だって分かると思いますが、あくまでもオンラインカジノはカジノが認められている国で運営をしているからこそ合法であり、問題なくプレイできるわけであり、日本ではカジノは今現在運営をするのは禁止となっています。

今後リゾートカジノ計画が進んでカジノが出来るようになりますが、それも国が認めた場所でしか運営をしてはいけません。

これは逮捕されても仕方が無い事件と言えます。

プレイヤーが不起訴(無罪)になった

多くの方が不安に思っているのは実際にプレイヤーが逮捕された事件です。

逮捕と聞くと100%悪いことをしたという認識をしてしまいがちですが、逮捕=起訴ではありません。

この逮捕された事件に関してですが、多くの人が略式起訴で罰金を支払う形になっています。

略式起訴とは
自ら罪を認めて異議を申し立てしないことで正式な裁判を開かずに書面審査で行う簡易裁判所の刑事裁判手続きをいい50万円以下の罰金で終了なります。

ようは罰金を支払い、それで終了になるものです。

じゃあ結局逮捕されるんだったら違法なんじゃないの?って誰もが思いますよね。

しかし、これに不服として裁判で争う姿勢を見せたプレイヤーがいました。

すると検察側はすぐに起訴を取り下げて不起訴(無罪)にしたのです。

すなわち裁判になったら勝てないと判断したため不起訴(無罪)となったのです。

では検察側は何がしたかったのかと言うと今までオンラインカジノというのが違法か合法かというのがいまいちプレイヤー側も判断できなかった人が多かったのです。

一抹の不安を抱えながらプレイしていたなかで逮捕者が出たとということで違法なのではないかと言う考えに至るわけですが、逮捕=違反ではありません。

しかし、イメージは悪いですよね。

実際に逮捕者が出たと言うことで一時期プレイヤーは離れていきましたが不起訴(無罪)になったことでプレイヤーはまた戻っています。

不起訴(無罪)となったということはより安心して利用出来ますし、今後も起訴される可能性はかなり低いです。

まとめ

オンラインカジノと検索をすると必ず違法なのか?合法なのか?というのがありますし、グレーゾーンと言う怖い印象を与えるようないけないことをしているような気がするかもしれませんが、きちんと合法です。

グレーゾーンという表現をするのであれば限りなくホワイトに近くオフホワイトと言った所でしょう。

今後は過去の不起訴(無罪)の件がありますので日本は過去の判例の結果を非常に大事にするので今後はよっぽどのことがない限り逮捕されるようなことはありません。

とはいえツイッターをはじめとしたSNSなどで収支報告をしたり、実名のアカウントでプレイをしたり、明らかに日本人専用の部屋などの日本人向けのカジノを利用するのは控えたほうが良いです。

目立つようなことはしないようにして普通に楽しむようにすれば安全です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です