オンラインカジノには税金がかかる

オンラインカジノがインターネットで検索される内容として多いのがオンラインカジノの税金についてです。最初にまず結論から言うとオンラインカジノには税金がかかります。

多くの方が誤解されているかもしれませんが、ギャンブルについては「一時所得」と呼ばれる税金が発生するのです。

でもギャンブルをして税金が発生するなんて聞いたことが無いという人もいると思います。

そこでここでは税金に関係する話をまとめて説明していきます。

なぜオンラインカジノに「だけ」税金が発生するの?

日本には色々なギャンブルが存在します。競馬や競輪・競艇・パチスロ・宝くじ・スポーツ振興くじ(toto)など色々とあります。

これら全てに税金はしっかりと発生しているのです。でも税金を払うなんて今まで知らなかったし、税金を払っているなんて聞いたこともないと思います。

なぜかというと一言で言うなら“見逃されている”からなのです。競馬などの公営ギャンブルなどはその場で現金で受け渡されます。

また、パチンコやスロットに関しては景品を渡されて、換金所で現金に換金されて渡されます。

そのため記録に残りません。ここがポイントです。(※宝くじの場合は税金をすでに支払った状態で渡されるため記録が残っても税金が発生しません。)

記録に残らない為にお金の流れを把握しづらく、その場でお金が渡ってどのように使われたのかを調査しなくてはいけません。これを1人1人に行うというのは実質不可能とされているため、大目に見られているのです。

過去に万馬券を当てて、そのお金を銀行に預けた為に競馬で勝利したお金ということが分かり、税金の支払いを命じられた例は過去にあります。

現実的に記録に残るか残らないかが1つのポイントになるといって良いでしょう。

オンラインカジノは記録に残る

ではなぜオンラインカジノは税金がかかるのかというとそれはお金を渡し方にあります。

というのもオンラインカジノは海外送金です。そのため銀行などを経由したり、今ではビットコインなどの仮想通貨などでも取引所を介して購入してから送金をするため必ず記録として残ります。

そのためお金としての情報を追いやすくお金の流れが分かってしまうため税金が発生しやすくなるのです。

だからこそ実質的にオンラインカジノは記録が残ってしまうのです。オンラインカジノに「だけ」税金がかかるみたいな状況になっています。

確定申告が必要になる

オンラインカジノでは税金が発生するものです。それはもう日本にいる以上は変えようが無いものですから税金は払う必要があります。

とはいえ税金を払うと分かっていれば後はしっかりと確定申告をすればいいので計算方法や申告にあたって必要なものを紹介していきます。

一時所得について

ギャンブルにおける税金というのは「一時所得」と呼ばれるものであまり聞きなれた事が無いと思います。

この一時所得というのは先ほどにも述べた様にギャンブルはもちろん商店街の賞金などもこの区分に当てはまりますが、商店街の賞金も同じく現金などで渡されるとあって大目に見られています。

まず一時所得による所得税の課税対象の期間は1月1日から12月31日の1年間で得た収入が対象となります。

一時所得でやっかいなのが損失が出た部分は損失として計上することが出来ません。

ついつい1年間のトータルした収支の勝ち負けで計算をしてしまいがちですが、単純に利益が出た場合のみ対象となります。

分かりやすく表にしてまとめています。

プレイした日 総ベット金額 払い戻し金額 損益
1月 5万円 15万円 +10万円
2月 10万円 0万円 -10万円
3月 10万円 50万円 +40万円
4月 15万円 20万円 +5万円
5月 20万円 10万円 -10万円
6月 30万円 10万円 -20万円
7月 40万円 30万円 -10万円
8月 50万円 60万円 +10万円
9月 30万円 80万円 +50万円
10月 10万円 20万円 -10万円
11月 30万円 0万円 -30万円
12月 50万円 140万円 +90万円
合計 300万円 435万円 115万円

多くの人が考えている収支の計算だと140万円が課税の対象になりますよね。

しかし、一時所得の場合は損失は計算に含まれません。

つまりマイナスが出た収支の月を除いた利益が出た時だけを課税対象となるので下記になります。

プレイした日 総ベット金額 払い戻し金額 損益
1月 5万円 15万円 +10万円
3月 10万円 50万円 +40万円
4月 15万円 20万円 +5万円
8月 50万円 60万円 +10万円
9月 30万円 80万円 +50万円
12月 50万円 140万円 +90万円
合計 160万円 365万円 205万円

ここでは2月・5月・6月・7月・10月・11月はマイナスのため計算にいれませんので1年間で得た利益は205万円となります。

一時所得の計算方法

先ほどの例を参考にして一時所得の計算方法を紹介していきます。
一時所得の計算方法は
【一時所得】=【収入金額】-【支出金額】-【特別控除額 (最高50万円)】

当てはめていきましょう。

【165万円】 = 【205万円】 -  【50万円】

ここでは165万円が一時所得ですが、一時所得の165万円を納税しろというわけではなく”課税の対象”です。

ここから所得金額の1/2に相当する金額を他の所得の金額と合計して総所得金額を求めた後、納める税額を計算します。

【165万円】/ 2 = 82.5万円

課税対象は82.5万円ですが、ここから所得税の税率をかけることで所得金額が算出されます。

国税庁の速算表が分かりやすいです。

『国税庁 No.1490 一時所得』
所得税の速算表

課税される所得金額 税率 控除額
195万円以下 5% 0円
195万円を超え 330万円以下 10% 97,500円
330万円を超え 695万円以下 20% 427,500円
695万円を超え 900万円以下 23% 636,000円
900万円を超え 1,800万円以下 33% 1,536,000円
1,800万円を超え4,000万円以下 40% 2,796,000円
4,000万円超 45% 4,796,000円

引用URL:www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1490.htm

課税対象が82.5万円ですので5%が課税対象となり、41,250円を納税する必要があります。

さらに仕事をしているため以下の計算式になります。

(給与所得+一時所得/2)×税率-控除額=所得税

という扱いです。

はっきり言って最初はややこしいと思います。

ただ、分からなければオンラインカジノのサポートスタッフに話を聞いてみても良いかもしれません。運営側も毎年のことで色々と相談されているので慣れていると思います。

また、一時所得の場合最高50万円の特別控除額が発生する為に利益が50万円の場合は所得税は発生しないことも覚えておきましょう。

とはいえオンラインカジノの場合、還元率が日本とは違って圧倒的な違いがありますし、1人あたりに対する金額が大きいので大勝利をしてしまうことも珍しくないので、一時所得については頭に把握しておかなければいけません。

確定申告に必要な書類

確定申告をするに当たって事前に用意しておくものはこちら

  • 源泉徴収票(企業勤めの場合、年末年始頃に企業から受け取る)
  • 支払調書(年末年始頃に、オンラインカジノ側から受け取る)
  • 経費の領収書(所得が300万円以下の場合は不要)

上記3つが必要ですが、「支払調書」は自分で収支をつけたものをプリントアウトをしてもいいですが、オンラインカジノに問い合わせれば出してくれます。

確実に申告するためにはオンラインカジノに支払い調書を下さいと聞いてみてはいかがでしょうか?もちろん自分で収支をつけておいたほうが間違いがないかどうか見ることが出来るので必ず常に収支はつけて置くようにしましょう。

また経費に関してはオンラインカジノではほぼ発生しません。例えばオンラインカジノの為に新しいパソコンに変えたとか、タブレットを購入したというのであれば経費に計上することは可能かもしれません。

この3つをもって最寄の税務署・出張所に行きます。

確定申告の提出期間

確定申告はその年の1月1日から12月31日までに稼いだお金が対象となります。

そして翌年の2月16日から3月15日の1ヶ月間の1ヶ月の間に確定申告を行わなければいけません。

確定申告は普段企業に勤めている人は全て会社に任せていると思いますのでほとんどの人が慣れていないと思います。

慣れていないことをするのは非常に面倒で腰が重いと思いますが、先延ばしにしてしまうとギリギリ行く羽目になり慌ててしまいますし、申告し忘れて申告漏れによる延滞税が取られてしまいますのでより多くのお金を支払うことになってしまいますので忘れないようにするためにも早めに行く事をオススメします。

また出来るならば平日の午後2時以降がオススメです。朝とかは激混みで1時間、2時間は平気で並びます。特に最後の週は駆け込む人が多いので注意が必要です。

駐車場も満車で空きがありません。

午後2時以降であれば並びはするものの比較的落ち着いているので確定申告の2週目の平日午後2時以降に行くようにしましょう。

会社にバレてしまう可能性も

企業に勤めている人は確定申告は会社任せだと思いますが、確定申告の2面に書かれている【給与所得者がその他の所得にかかる住民税の徴収方法】という欄にある【普通徴収】にチェックを入れることを忘れないようにして下さい。

普通徴収にチェックを入れておかないと会社に届いてしまい、他の所得が書かれていた場合、副業を疑われてしまいます。

チェックを入れておけば住民税徴収票が自宅に届くようになるので企業にお勤めの方は必ずチェックを入れるのを忘れないで下さい。副業禁止のところも企業ではまだ多いと思いますので変な疑いがかけられてしまいます。

まとめ

オンラインカジノは他のギャンブルとは違い税金が発生してしまいますので確定申告をしなくてはいけないという手間がどうしてもかかってしまいます。

そのため収支報告をつけることが必須になってくるのですが、この収支報告というのはギャンブルをする上でとても大事なことであり、自分を冷静に分析することが出来ます。

収支をつけることを癖付けしていかないとのめり込みすぎてしまいますので良い面もあるのです。

また収支をつけて確定申告をするのも1日なわけですし、分からなければオンラインカジノのサポートスタッフに聞けば優しく対応をしてくれるので、安心しましょう。

その1日さえ頑張れば還元率の高いギャンブルを冷静にのめりこみすぎずにプレイ出来ると前向きに考えることが出来ます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です