オンラインカジノとは

オンラインカジノという言葉もここ最近ちょくちょくと聞こえてくるようになりました。

なんとなく知っているけれど良く分からない部分もあるし、不安な点もあると言う人もいると思いますので詳しく説明をしていきます。

リゾートカジノ計画によってカジノ自体の注目も増してきていてオンラインカジノを楽しむプレイヤーもどんどん増えてきているので紹介していきます。

オンラインカジノって何?

オンラインカジノとは名前のとおり、本場のカジノと同じようにカジノゲームをオンライン上で24時間365日、パソコンやスマホやタブレットから利用することが出来るサービスです。

オンラインカジノの歴史は古く1990年代から始まったとされていて、時代が進むほどオンラインカジノのゲームの種類や質はもちろんサービスのクオリティなども高くなっていて、最初はヨーロッパやアメリカなどが主流だったのが、今や世界中からプレイヤーがアクセスされています。

本物のお金を賭けることが出来るので勝つことが出来ればお金が増えますし、勝負に負けてしまえばお金が減ります。本物のカジノと同じルールでプレイをすることが出来るのです。

オンラインカジノは違法なの?

最もオンラインカジノを始めようと思っている人が気になるポイントではないでしょうか?

ですので最初に結論を言うと違法ではありません。

よくグレーゾーンと表記しているところもありますが、これはなぜかというとオンラインカジノは法律で明記されていないため、違法賭博に当たるのではないか?という見解があります。

しかし、オンラインカジノの運営者は海外の政府が発行するライセンスを取得して合法的にカジノが運営を許可している場所でオンラインカジノも運営しており、サーバーも海外にあるためそもそも「賭博罪」に当たらないのです。

インターネットの法律では現状、運営をしている国のルールに則って適用されます。

簡単に言うと海外のカジノ場でカジノをしても問題ないですよね。それと同じです。

過去にオンラインカジノで逮捕者が出た!みたいなニュースが流れました。

あの時は多くのプレイヤーが不安になりましたが、あれはオンラインカジノの胴元(実質的な運営会社)が日本にあったり、日本人専用のテーブルが設けられたりと、明らかに日本人をターゲットにしたサービスが提供されたためです。

また過去に出たオンラインカジノのプレイヤーが略式起訴された裁判で争う姿勢を見せた結果、検察側が「不起訴処分」にしたという事実があります。

つまり法律違反に当てはまらないと検察側が認めたのです。

こうやって法律の話になってしまうと不安に思うかもしれませんが、実質違法ではないということを覚えておけばいいと思います。

不正操作されるのではないか?

日本は安全な国です。毎年治安の良い国でトップ3には入りますし、1位を取る事も多いです。

逆に海外のイメージだと治安が悪いのではないか?って思いますよね。悪徳業者が多いのではないか?って思って疑ってしまうのも無理はないかもしれませんが、オンラインカジノは誰もが簡単に運営出来るわけではありません。

運営をするためにはライセンスの取得が必要ですが、運営の申請を行えば簡単にライセンスが降りるというものでもないのです。

オンラインカジノでは厳しい審査基準が設けられており、それをクリアしていない場合はライセンスが降りません。

ライセンスを得るには
・運営に必要な潤沢な資金があるか。
・運営会社に経営能力が十分にあるか。
・ゲームの公正さを確保する仕組みが組み込まれているか(監査を受けたソフトウェアの使用は必須)
・マフィヤや犯罪者などのマネーロンダリングに関与しないように法令遵守をさせる仕組みが組み込まされているか。

厳しい基準が設けられているので不正操作が発覚した場合はかなり重い刑が課せられてしまいます。

日本は犯罪に対して多少海外と比べるとぬるいと言われていますが、海外は不正や詐欺などに関してはかなり重い刑が科せられてしまうので不正操作はまずされません。

それでも不安だと言う人は大手のオンラインカジノサイトを利用すれば不正操作の心配なく利用することが出来ます。

圧倒的な還元率の違い

日本にもパチンコやスロット、競馬や競輪・競艇・スポーツくじに宝くじなど沢山のギャンブルがあります。

わざわざ海外のギャンブルをするよりももっと手軽に出来るんじゃない?そもそも稼げるの?って思う人もいるかもしれません。

オンラインカジノは日本とは比べ物にならないぐらいに勝ちやすいと言われています。

ギャンブルにおいて勝てるか勝てないかの指標として還元率(ペイアウト率)というのがあります。

還元率というのはようは払い戻し金のことで、胴元がまず最初に利益を確保してからそれを当選者(勝利者)に対して支払われるものです。

分かりやすく極端な例を挙げます。

AさんとBさんがボクシングの試合をしますが貴方はAさんとBさんどちらにも買ってほしいという願いから両方に500円ずつ合計1,000円を投資するとします。(本来こんな賭け方はせずにどちらかに一方に賭けます。)

どちらが勝っても500円賭けたので1000円になって返ってくると思うかもしれませんが、胴元がまず利益を取ってから分配されるので差額分が引かれた上で渡されますので1,000円で返ってきません。

例えばこの還元率が70%であれば胴元(運営会社)が30%を取っているのです。還元率が80%の場合は20%が胴元が取っているのです。

では具体的に日本のギャンブルを還元率の高い順番に見ていきます。

  • パチンコ・スロット ⇒ 80%~85%
  • 競輪        ⇒ 75%
  • 競艇        ⇒ 74.8%
  • 競馬        ⇒ 74.1%
  • 宝くじ       ⇒ 49.6%

この還元率が高ければ高いほど簡単に言えば勝ちやすいと言われています。日本で最も高い還元率を誇っているのがパチンコやスロットです。

ではオンラインカジノではどうでしょうか?オンラインカジノは95%~98%と言われています。

一目瞭然で違うのが分かると思います。

なぜこんなにも高い還元率なのかというとランニングコストがかからないと言うのがあります。

どうしてもパチンコやスロットなどでは店舗を構えなくてはいけないので、土地代もかかりますし、人件費やスロット台やパチンコ台やお店の備品などなど費用がかかってしまいます。

そういった必ずかかってしまう費用がオンラインカジノの場合は圧倒的に少ないのです。

さらにオンラインカジノは国内・国外問わず世界中からアクセスが来ます。

パチンコというのは日本全国にあり、それぞれ繁盛している店舗もあれば人気のないお店もあったりしますが、利用客がばらついてしまいますよね。

しかし、オンラインカジノサイトは現状常時500サイト前後と言われていてそこに世界中の人がアクセスしてくるのです。ですからプレイヤーの数が桁違いのため、高い還元率が可能となっているのです。

また日本のパチンコなどで大勝利!と呼べる金額はせいぜい20万程度です。しかし、オンラインカジノの場合は百万単位で勝てることも決して珍しくありません。

日本でも競馬で万馬券などがあるでしょ?って思うかもしれませんが、先ほども言いましたが、還元率が全然違います。

還元率が高くてさらに稼げる金額が桁違いなんです。

日本の宝くじなどは最高で6億円ですが、海外では数百億円規模です。

圧倒的に桁違いです。もちろん簡単に大金が得られると言うわけではありません。

ただ勝てる場所で勝負をしていったほうがいいでしょう。パチンコやスロットはどんどん規制が入ってきており、勝てなくなったと誰もが言い、どんどん利用者は減っています。

では前までパチンコやスロットで遊んでいた人はどこで勝負を楽しんでいるかと言うとオンラインカジノなのです。

もちろんギャンブルのはまりすぎは危険ですし、控えたほうが良いですが、どうせならば勝ちやすいところ、勝ったときにバックが大きいところで勝負をしましょう。

まとめ

日本ではゲームセンターなどでメダルゲームがありますが、やはり大勝ちしてもメダルで還元されるのはつまらないですよね。

勝った気がしないでしょう。やはりリアルマネーで勝負をしたいと思ったらオンラインカジノが一番です。

合法であり、安全なオンラインカジノはどんどん日本でも注目されておりプレイヤーも増えています。

運営側も日本のプレイヤーを増やそうと特別なプロモーションを限定的に展開していたりしていつ限定プロモーションが終わるかは分かりません。

貰えるものはもらっておくようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です