バカラのルールとゲームの進め方

アジア、マカオのランドカジノで最も人気があるといって過言ではないトランプゲームがあります。

ギャンブルの王道、カジノゲームの王様といわれている【バカラ】です。

カジノがメジャーではない日本ではあまり馴染みのないゲームかもしれませんがカジノゲームで一番大金が動くのは実はバカラなのです。

ルールも非常に簡単でバカラは【9を超えずに9に近い数字を出した人の勝ち】になります。

そして、バンカーとプレイヤーどちらが勝つかを当てるゲームです。

オンラインカジノのライブカジノでも非常に人気の高いバカラはぜひプレイしてほしいのでバカラのルールとゲームの進め方について説明します。

バカラのルール

・バカラはディーラーと勝負するゲームではなく、カードをプレイヤーとバンカーという2組に分けて配り、どちらのカードの一桁が9に近いかを予想するゲームです。

カードは2枚~3枚配られ、その合計数の下一桁の数字が9に近い方が勝利となります。

カードの数え方

バカラのカードの数え方も基本的にはブラックジャックと同じです。

・「A」~9までは数字通りにカウントする。

・10~「K」全てを0(ゼロ)をカウントする。

2枚のカードの点数が「5点以下」であれば、3枚目のカードが追加されます。

バカラの基本用語

・プレイヤー カードが先に配られる、先行のこと

・バンカー カードを後に配られる、後攻のこと

・ヒット カードを引くこと

・スタンド、ステイ カードを引かないこと

・ピクチャー 【J、Q、K】の絵柄カードのこと

・ナチュラル PLAYER、BANKERとも初めの2枚の合計が「8」か「9」のことを【ナチュラル8、ナチュラル9】と呼ぶ。

・デッキ数 52枚のトランプを1Deckとして、いくつのDeckで行われるかを示す。
通常は8Deckでゲームが行われる。

・コミッション(ハウスエッジ) 自身がバンカーに賭けて勝った場合、配当の5%をカジノに徴収される仕組み。

ゲームの進め方

・プレイヤーは勝つと思う方、または引き分けのどちらかにチップを賭ける

カードが配られる前にまずはバンカーとプレイヤーのどちらが勝つか、または引き分けのどれかにチップを賭けます。

カジノにはバカラに限らず、ほぼ全てのゲームに関して複数のテーブルが用意されているのですが、それぞれのテーブルごとに【ベットする額最低額=ミニマムベット】が設定されているので、その設定金額以上のチップを賭けることが条件となります。

また上限も設定されているところもありますので確認しましょう。

・バンカーとプレイヤーにそれぞれ2枚のカードが配られる

ベットが完了したら、バンカーサイドとプレイヤー両方にカードが表向きに2枚配られます。

その2枚の合計値次第で3枚目のカードを引くかどうかが決まります。

・賭け金が最も高い人がカードをオープン

バカラにおいて、カードをめくる権利があるのは一番賭け金の多い人(オーナーシップ)というのが一般的です。

同額の場合はディーラーが決めます。

めくり方にルールはないのですがゆっくり焦らすようにめくる【絞り=スクイーズ】はバカラのプレイ中最も白熱する場面でもあり、バカラの醍醐味と言える瞬間です。

カードをめくるのはオーナーシップにだけ与えられる権利なので皆が一番注目するのです。

このスクイーズをしたいがためにオーナシップになろうとして多く賭けるハイローラープレイヤーもいるほどです。

・バンカーとプレイヤー双方の手の確定

バンカーorプレイヤーどちらかの勝利、または引き分けが確定し次第、客のベットに応じた配当が行われます。

まとめ

バカラのルールは非常に簡単です。

しかし、簡単ですが、白熱するバカラはぜひとも一度はプレイをしてほしいです。

また、リゾートカジノなどカジノ場に足を運んでいる人、運ぼうと考えている人はバカラのテーブルで一度はプレイしてほしいです。

オーナーシップとなってスクイーズをしている時のみんなの期待と不安が入り混じった視線を一心に浴びてほしいと思います。

オンラインカジノでバカラは大人気ですのでぜひともプレイしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です