ブラックジャックのルールとゲームの進め方

カジノで大人気のトランプゲーム【ブラックジャック】名前を聞いたことはあるかもしれませんが、実際カジノで遊んだことがある人はそう多くないと思います。

今回はそのカジノゲーム【ブラックジャック】のルールや流れを簡単に説明していきたいと思います。

ブラックジャックのルール

【ブラックジャック】は2から10人ほどで遊べディーラーとプレイヤーとの勝負になります。

プレイヤーが複数参加していてもプレイヤー同士では勝負しません。

ゲームの内容は自分のカードの合計をディーラーよりも【21】に近づけて、なおかつ【21】を超えないようにします。

自分の手が【21】以下でディーラーより【21】に近ければ勝ちになり、逆なら負けとなり、同じなら引き分けになります。

自分の手が22以上になるとその時点で負けとなります。

使うカードですが、ジョーカーを除く52枚のトランプで行います。

【2~10】はそのままの数字で数える

【J、Q、K】の絵札は【10】と数える

【A】は【1または11】のどちらかとして数えます

ブラックジャックの基本用語

【ベット(BET)】 賭け金を賭けること

【ディール(DEAL)】 ディーラーがカードを配ること

【ヒット(HIT)】 追加でカードをもう1枚引くこと

【スタンド(STAND)】 カードを引かずに勝負すること
オープンカード(OPENCARD) 表向きに配られ、数値が公開されているカード

【バースト、バスト(BUST)】 プレイヤーとディーラー両方の手札の合計が【21】を超えてしまっていること
※プレイヤーがバーストすると、ディーラーの手札がどのような場合でもプレイヤーの負けとなる

【ダブルダウン(DOUBLE DOWN)】 賭け金を増やしカードを追加で1枚引き勝負すること

【スプリット(SPRIT)】 同じ数字のカードが2枚配られた時にベットした金額と同額を賭けて手札を2つのハンドに分けること

【サレンダー(SURRENDER)】 最初に配られた2枚のカードの時点でディーラーに勝てないと判断した時に使う降参の宣言
※サレンダーを宣言すると賭け金の半分が戻ってくる

【インシュアランス(INSURANCE)】 保険という意味でディーラーがオープンした1枚目のカード(見せ札)がA(エース)の場合に、ベット額の半分を保険として差し出せる特殊ルール。
ディーラーがブラックジャックだった場合は、ベット額と保険として差し出したインシュアランス額の合計額が返還される。

【プッシュ(PUSH)】 プレイヤーとディーラーの手札が同数により、引き分けになること

【ブラックジャック(BLACK JACK)】 最初に配られた2枚の数値がA(エース)と10、J、Q、Kの4つのいずれか1枚の組み合わせだった場合、賭け金の2.5倍の払い戻しを受けられる。

ゲームの進め方

【ベット】 プレイヤーが賭け金を賭けます

【ディール】 ディーラーがプレイヤーとディーラーそれぞれにカードを2枚ずつ配っていきます
プレイヤーのカードは2枚とも表向き、ディーラーのカードは1枚のみ表向きです

【プレイヤーのターン】 カードが配られたら右側のプレイヤーから順にプレイしていきます
ここでヒットやスタンドなどの自分の手を決めます。

【ディーラーのターン】 プレイヤーの手が決まったらディーラーの伏せられている2枚目のカードを表にします。
ここでディーラーの手が決まるので勝負が決まります。

まとめ

日本で最も人気のトランプゲームで認知度も高く、ルールもシンプルでまだ利用したことがないという人でもすぐに始めることが出来ます。

「21」に近づけるということだけ覚えておけばすぐに始められるのは未経験者でも安心できます。

オンラインカジノのライブカジノでも大人気のブラックジャックを一度はプレイしてほしいです。

簡単な様で奥の深いブラックジャック、ルールや遊び方を覚えて楽しみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です