テキサスホールデムポーカーのルールとゲームの進め方

トランプゲームの定番のゲームと言えばポーカーです。

日本でもトランプゲームとして定着していますし、ゲームセンターのメダルコーナーで遊ぶことが出来ます。

ただし、日本では広く知れ渡っているのがドローポーカーですが、オンラインカジノをはじめカジノ場プレイされているのが【テキサスホールデムポーカー】です。

多少ルールが違うので説明をしていきます。

テキサスホールデムポーカーのルール

テキサスホールデムポーカーは2人~9人で勝負し、ジョーカーを除いた52枚のカードを使用します。

ジョーカーはドローポーカーの場合オールマイティのカードとなりますが、テキサスホールデムポーカーの場合は使いません。

ディーラーから伏せた状態で配られた2枚の「ホールカード」と、ボードに開かれたプレイヤー全員が役として使うことができる5枚の共「コミュニティカード」の計7枚のカードの中から最強の役(ハンド)作って勝負するゲームです。

【テキサスホールデム】のルール手順としては

ディーラーを最初に決めるのですが、ディーラーの決め方としては、時計回りに表向きでカードを配り、そこで一番ランクの高いカードを持つ人がディーラーです。

ディーラーの右隣の人はあらかじめ決めておいた最低額の全額を置きます。更に右隣の人は、その半額を真ん中に置きます。

2枚のトランプを、ディーラーから時計回りにプレイヤーに配ります。

配り終えたら親は手札を見て「ベット」「チェック」「フォールド」のいずれかのアクションを起こします。

そこから時計回りにそれぞれのプレイヤーが「コール・レイズ・チェック・ベット・フォールド」のいずれかのアクションを起こします。

チェック・ベットは自分の前のプレイヤーがチェックをしていないと出来ません。

また、コール・レイズは前の人がチェックをしていると出来ません。

プレイヤーのアクションが終わったら、山札から真ん中に三枚のトランプを表向きに置きます。

これをコミュニティカードといいます。

3枚のカードを見て、もう一度アクションを決めます。コミュニティカードが合計5枚になるまで続けます。

コミュニティカードが5枚になったら、手札2枚・コミュニティカード5枚を組み合わせて、その状況で作れる一番強い役を作り勝負をし、一番役の強かった人が勝利です。

最初は手順が良く分からないと思うかもしれませんが、実践で勝負をすればルールは自ずと分かってくるでしょう。

テキサスホールデムポーカーの基本用語

基本的な用語はある程度覚えておいたほうが場の進行を止めないで済むので出来うる限り覚えておきましょう。

ベット・・・その場にチップを賭けること。チップの金額も声を出して、他のプレイヤーに伝える。

コール・・・ベットに対して同額のチップをベットすること。

チェック・・・賭け金を賭けずそのまま次のプレイヤーに回すこと。

フォールド・・・ゲームを降りこの時点で負けが確定でそれまでの賭け金は失われます。

レイズ・・・賭けられている金額に対してさらに上乗せすること。チップの額も同時に声を出し、他のプレイヤーに伝える。

リレイズ・・・他のプレイヤーがレイズを行った場合、リレイズ金額よりもさらに上乗せすること。チップの額も同時に声を出し、他のプレイヤーに伝える。

オールイン・・・手元にある全チップを賭けてゲームを行うこと。ブラフ(はったり)などでも使ったりします。

ミニマムベット・・・ゲームを開始するための必要な最低限のチップ額。

ミニマムレイズ・・・レイズする際の最低額。

最初から全部を覚えようと思っても難しいですが、オンラインカジノではフリープレイなどがあったり、手順も簡略化されているのでプレイしながら覚えておきましょう。

テキサスホールデムポーカーの役

ポーカーの役(ハンド)は9種類あります。

役の強さ順に紹介していきます。

・【ロイヤルフラッシュ】 同じマークの【A、K、Q、J、10】の揃った最強ハンド

・【ストレートフラッシュ】 同じマークの、なおかつ連続した数字の5枚

・【フラッシュ】 同じカードが5枚ある

・【フォーオブアカインド(日本ではフォーカード)】 4枚が同じ数字

・【フルハウス】 同じ数字3枚とペアの組み合わせ

・【スリーオブアカインド(日本ではスリーカード)】 3枚が同じ数字

・【ツーペア】 同じ数字のペアが2つある組み合わせ

・【ワンペア】 同じ数字のペアが1つある組み合わせ

・【ハイカード(日本ではブタ)】 何も出来ていない状態

当然上に行けば行くほど、揃えるのが難しいです。簡単に役が作れない時も少なくありません。

しかし、ポーカーでは役の強さ以上に大事なのが感情を表に出さなかったり、逆にあえて良い役が来たように演出するといったプレイヤー同士の心理戦が大きな勝負となります。

ちなみにポーカーフェイスの語源はポーカーの無表情から来ています。

自分が他のプレイヤーと比べていいカードなのか、それとも悪いカードなのかを読み合うのは本当に面白いです。

ゲームの進め方

基本的にテキサスホールデムは、4段階に分かれて勝負が行われます。

■第1ラウンド(プリフロップ):1回目のベッティング

手元に2枚のカードが配られた状態を第1ラウンドの「プリフロップ」といい、手元にある2枚のカードの状態から、チップを賭けて勝負を行うかゲームを降りるかを選べます。

■第2ラウンド(フロップ):2回目のベッティング

ディーラーは、最初に山札の一番上のカードを1枚捨てます。これは不正防止のためであり、山札の一番上のカードを1枚捨てた後、5枚のカードのうち3枚のカードが表向きに並べられます。

この状態を、第2ラウンドの「フロップ」といい、手元にある2枚のカードとボードに並べられた3枚のカードから、チップを賭けて勝負を行うかゲームを降りるかを選びます。

■第3ラウンド(ターン):3回目のベッティング

第3ラウンドのターンで、場札に4枚目のカードが表向きに並べられ、手元にある2枚のカード、ボードに並べられた4枚のカードから、チップを賭けて勝負を行うかゲームを降りるかを選びます。

■第4ラウンド(リバー):4回目のベッティング

第4ラウンドのリバーで、場札に最後の5枚目のカードが表向きに並べられ、手元にある2枚のカードとボードに並べられた5枚のカード、計7枚のカードの中から最も強いポーカーハンドを作り上げます。

最後にチップを賭けて勝負を行うかゲームを降りるかの選びます。

残ったプレイヤーの中で一番強いハンドを作り上げたプレイヤーがゲームの勝者となります。

ただし、第4ラウンドに進む途中で参加者プレイヤー全員がゲームから降りた場合、その時点でゲームは終了で最後に残ったプレイヤーが勝者です。

つまり、テキサスホールデムポーカーは4回に分けて勝負をするかどうかを判断します。

この時のプレイヤー同士の駆け引きは非常に面白いです。

まとめ

テキサスホールデムポーカーは他のカジノゲームよりも覚えることは多いかもしれません。

そのため、面倒に感じるかもしれませんが、プレイヤー同士の緊張感あふれる勝負はカジノゲームでも随一と言われています。

オンラインカジノでもテキサスホールデムポーカーでプレイヤー同士で戦うことが出来ますし、トーナメントなどで実際に賞金を手にすることも出来ますのでぜひともルールを覚えてテキサスホールデムポーカーをプレイして勝負を楽しんでみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です